日本三大名園の観光

岡山県の観光を満喫しよう

トップ / 岡山県の観光を満喫しよう

岡山の名所観光は後楽園

岡山の名所観光では、日本三大名園の一つでもある岡山後楽園が一番です。今から約300年前に作られた後楽園は緑が豊かで広く美しく、四季折々に違った顔を見せてくれます。そして、春はお茶会、夏はお田植え祭り、秋は名月鑑賞会、冬は芝焼きなどのイベントも開催されています。また10月第1土曜日と文化の日には、日本の伝統芸能でもある能を楽しむ事が出来るのも特徴です。そして、年中無休の後楽園の普段の開園時間は夕方までですが、夏と秋には期間限定で夜間の特別開園も行っており、ライトアップされ幻想的な世界を楽しむ事も出来ます。また、後楽園のすぐ近くに岡山城もあるので一緒に観光をする事も出来ます。

日本三大名園のひとつ岡山後楽園

観光地で有名な岡山後楽園は、水戸の偕楽園、金沢の兼六園とともに日本三大名園として有名で、二代目岡山藩主池田綱政公が作った庭園で、国の特別名勝に指定されています。旭川を挟んで岡山城の対岸にあるとても趣のあるお庭で、沢の池を中心として、藩主の居間であった延養亭の他、流店、廉池軒などの建物や井田、花菖蒲畑、唯心山などが配置され、延養亭からの眺めはとても素敵です。そして、沢の池から眺める岡山城は、お庭の美しさに溶け込んだ素晴らしい眺めとなっています。岡山市内中心部からほど近く、岡山県の観光スポットだけでなく、岡山県は岡山城を散策し旭川の流れを眺めた後に、散策の疲れを休める良い場所です。

お城めぐり観光の情報