パワースポット観光

珍しい神社の観光とは

トップ / 珍しい神社の観光とは

宮崎県で人気の観光名所とは

日向灘宮(うどじんぐう)は宮崎県で人気の観光スポットです。宮崎県日南市にある神社にあり、旧社格(現在は廃止されていますが神社の等級や格式を表す言葉です)は、官幣大社(最も等級や格式が高いとされています)で現在は神社本庁の別表神社に指定されました。観光で人気のある場所ですが、日向灘(宮崎県東部の沖合いの海域です)に面しており崖の中腹の岩窟(海食洞)内に本殿が鎮座しています。参拝をするさいには崖にそって作られた石段を、降りて本殿まで行くことになります。神社としては珍しい「下り宮」の形になっています。

鵜戸神宮は海のパワースポット

宮崎県日南市にある「鵜戸神宮(うどじんぐう)」は、あの竜宮伝説があることで有名な神社で、観光地としても人気とされています。石段を降りてたどり着くそのお宮は「下り宮」といわれ、大変珍しい造りになっており、海沿いにある神社として、昔は海洋信仰の聖地でもありました。それゆえ、お守りは海上安全を願うものが数多くあります。本殿にある霊石亀石に手を入れて願い事をすると願いが叶うといわれており、観光に訪れる方の人気のスポットになっています。駐車場は無料で、境内も無料で開放されています。一度は行っておきたい宮崎の海のパワースポットです。

お城めぐり観光の情報